ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 六本木ローダーデールのブランチ

P8054893.jpg

先日、朝美人アンバサダー仲間のtomokoさんと六本木モーニングにいってきました。

いった場所はけやき坂にある、ローダーデール

六本木は何気にエッグセレントや、メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー、ロブション、ラトリエ・デュ・パン、マーサーブランチ・・・といったモーニングのお店がたくさんあるんですねー。
全然知らなくて、tomokoさんにアテンドしてもらいました。

六本木は職場からも家からも遠いので、、
なかなか行く場所ではなかったのですがいってみてびっくり!
この日は土日で8時からの営業で、
フライングで7:30くらいには六本木駅についていましたが、
ヒルズでは朝からたくさんの人が太極拳をやっていたし、
けやき坂はペットを連れて散歩している人がたくさんいて、
坂を下ったところのスタバは優雅な雰囲気で賑わっていました。
すごいなあ・・・こういう世界があるのかとなんだか新鮮でした。


さて、ローダーデールは土日はブランチメニューになるようです。

今回はスフレ(スモークサーモンとほうれん草)を選びました。
サイドディッシュは冷たいコーンポタージュ。
そしてホットコーヒー
1,900円(税込)でした!

P8054895.jpg

スフレは焼きたてをということで、注文から30分程度お時間いただきますと言われ、
先にポタージュとコーヒーがきます。
コーヒーを飲みながら、最近受けていた資格試験の話やおすすめの本、
手帳の話、そしてカメラの話をしていました。

なんと、カメラ色違いです。

IMG_9623.jpg

ついつい並べて写真を撮る・・・

P8054898.jpg

そしていよいよスフレ登場です。
クリームチーズとほうれん草は別添えになっていて、一緒に食べてくださいとのことでした。

写真を撮っているとへこんでくるくらい、焼きたてのふわふわで提供されます。

スプーンですくってみると本当にふわふわ・・・
お食事系のスフレは初めて食べたのですが、
きっとハイカロリーなのにくどくなく、とっても美味しい!
上品で、卵の味も味わえて、口どけも柔らかく幸せな朝ごはんを楽しめました。

朝早い時間に入店しましたが、
1時間ほどして気づいたらほぼ満席な感じに。
六本木という場所もあり、外国人の方もたくさんいらっしゃって、
いつもならだらだらしていそうな土日の朝、非日常感をたくさん味わうことができました。

お店はテーブル席だけでなく、テラスにも席があり、季節のいい時なんか気持ち良さそうです。
そしてこのお店は遅くまでやっているのでおしゃれな女子会にもぴったりな気がしました。


ちなみに、コーヒーも紅茶もフリーリフィルでした!
(かなり長居していたから2杯はいただいた気がするー)

IMG_9626.jpg

ゆっくり過ごせて、優雅な気持ちになれるとっても素晴らしい時間でした。

たまには背伸びしていったことのない場所でのモーニング、おすすめです!
一人でもいけそうだから、またどこかにいってレポします!


 FC2ブログにInstagramのFeedを貼ってみた / instafeed.js

20170822.jpg
Wordpressサイトで、Instagramのフィードをサイドバーに載せているのをみてやってみたいと思い試行錯誤したメモです。
まだCSSいじれていなくてデザインはイマイチだけど導入することができたのでメモします。
(ちなみにちょっと前に書いていたこのブログのWP化は挫折してるので触れないでください・・・)
Wordpressの場合はプラグインがたくさん用意されているようですが、
FC2ブログの場合はプラグインにはなさそうなので、instafeed.jsというJavaScriptライブラリ(という表現はあってる・・?)を使ってみました。

今回参考にさせていただいたサイトはこちら。
【Feedを取得しよう】Instagram APIでFeedを取得してサイトに表示させる方法 | will STYLE Inc.|神戸にあるウェブ制作会社

ここに書いてある通りにやればできました!

というのもあれなので、メモしますね。

1.Instagram API 開発者サインアップ



まず、InstagramのDeveloper向けサイトに行きます。

2017082204.jpg
Instagramの自アカウントのホームから一番下のAPIをクリックします。
https://www.instagram.com/developer/でもいけるかなと思います。

2017082205.jpg
Register Your Applicationをクリックします。

私は最初の登録だったのでここで開発者サインアップを求められました。
「website」と「Phone number」と「What do you want to build with the API?」という3項目。
3つ目の項目は堂々と日本語で書きました。(多分)大丈夫でしたよ。

2.クライアントIDの取得(Register a New Client)


次に、クライアントIDというものをゲットすべく、Register a New Clientに進みます。
2017082206.jpg


Application Name, Discriptionを入力し、(今回、それぞれmemorandum、memorandum's feedにしました。)
Website URLとValid redirect URIsには自サイトのURLを入れます。(http://mimemorandum.jp)

2017082207.jpg

その後、Securityタブに切り替えて、Disable implicit OAuth:のチェックを外します。

2017082208.jpg

これで、Registerすると、Client Infoが表示されます。
ここに表示されている、CLIENT IDをメモします。


3.Instagram ユーザーIDの取得


これは、以下のサイトで取得できました。
https://smashballoon.com/instagram-feed/find-instagram-user-id/
自分のアカウントのユーザーIDをメモします。

2017082209.jpg

4.アクセストークンの取得


以下のURLにアクセスします。
【クライアントID】はクライアントIDに。【リダイレクトURI】は2で入力したValid Redirect URIsにします。
https://api.instagram.com/oauth/authorize/?client_id=【クライアントID】&redirect_uri=【リダイレクトURI】&response_type=code


すると、認証画面が出るので、Authorizeをクリックします。


リダイレクトされますので、ブラウザのURL欄に出ているアクセストークンをメモします。
2017082210.jpg
(これが終わったら、2.で外したセキュリティタブのDisable implicit OAuth:チェックを戻すといいみたいです)

5.Instafeed.jsをDL、FC2ブログにアップロード



2017082211.jpg
いよいよjsファイルをDLします。
instafeed.jsヘアクセスし、ダウンロードします。
そのままダウンロードすると「instafeed.min.js」というファイル名になっています。
FC2ブログはファイル名の中にドットを許可していないので、ファイル名をinstafeed.jsとかそんな感じにリネームします。
管理画面のファイルアップロードからファイルをアップし、アップロードされたURLをメモします。

6.テンプレートなどにコードを書き込み



最後に表示させたい場所にコードを記入します。



<script type="text/javascript" src="【instafeed.jsをアップロードしたURL】"></script>
<script type="text/javascript">
var feed = new Instafeed({
clientId: '【クライアントID】',
get: 'user',
userId: '【ユーザーID】',
accessToken:'【アクセストークン】',
links: 'true' ,//画像リンクを取得
sortBy:'most-recent' ,//最新から取得:そのほか、least-recent: most-liked:most-commentedなど
limit: 8,// 画像取得件数
resolution:'standard_resolution', //取得画像サイズ thumbnail (default) - 150x150 | low_resolution - 306x306 | standard_resolution - 612x612
template: '<a href="{{link}}" target="_blank"><img src="{{image}}" /></a>', // 画像URL:{{image}} リンク:{{link}} キャプションテキスト{{caption}} いいね数:{{likes}} コメント数:{{comments}}
success: function(){
}
});
feed.run();
</script>



そして、表示させたいHTML部分に以下。


<ul id="instafeed"></ul>


そのほかのオプションもいろいろあるようです。
http://instafeedjs.com/#templating

私はこれをプラグインの1つとして設定し、サイドバーに表示してみました。
もうちょっと飾り気のある感じにしてみたいと思いますが、とりあえずできてよかったですー!
というかインスタグラム更新していかなければと思います。


 10年ぶりに札幌・小樽へ。小樽市総合博物館とか北海道大学を見てきました

2017082101.jpg


2007年3月振りに(つまり10年振りに)札幌と2006年6月振りに小樽へ行ってきました。

10年前の札幌函館旅行について書かれた手帳が見つかったのでこちら。
2017082102.jpg
どうやら卒業した研究室の飲み会に行くついでに函館まで行ったみたいですね。
飲み会の場所だった店は既に閉店…時の流れを感じます。
2006-2007頃は結構アクティブでかなりあちこち一人で旅行していました。
特に北海道はかなり通っていたみたいです。

それにしても10年前の手帳を見返すことができてしまう、、記録しておくのもいいですね。
(私は手帳は2005年からのものは手元に置いてあります。
過去の手帳については藍玉スタイルさんのインタビューで詳しく答えています。
参考記事はこちら

さて、今回は家族旅行。

久しぶりだったしベタな観光をすることに決めて行ってきました。
つまりノープランなわけですが、、

スープカレー食べて、ジンギスカン食べて、ラーメン食べて、
運河見て、北大行って、クラーク博士を見ればいいかなーと思っていました。
その辺りはしっかりクリアしてきました。

ベタな・・・と言っておきながら、時計台とテレビ塔、ススキノは逃しています。チラ見はしました。



というわけで、
子連れ(小学校低学年くらいまで?)で行く札幌小樽おすすめの場所を中心に記録として写真を貼っておきますね。

P7213788.jpg
今回は往路はAIR DOでいきました。
羽田発6:50の早朝便。パンをサービスしてくれました。
AIR DOのキャラのベア・ドゥが結構好きで、ハンカチを買ってしまいました。
昔から、ミッフィーとか、お買い物クマとか、ベアドゥとかが好きです。
これを夫に言うと「生気がない系」って言われるんですけど
確かに、今夫がはまっているはねろ!コイキングの主人公「コイキング」も結構好きです。
(ポケモンでは最弱キャラとのこと)

P7213796.jpg
思うに、新千歳空港も10年ぶりなのに、エアポートへの乗り場については体が覚えていました。
何往復したか思い出せないですもん。
とにかく懐かしい。

快速エアポートに乗ったので、とりあえずまっすぐ小樽に行きます。
札幌を過ぎると電車からは海が見えてなかなかいい感じです。

昔、札幌と小樽の間、銭函の付近にあった「ユーラシア404」と言うカフェに行ったことがあり、行けたら行きたいなとちょっと調べたけど、なんと相当前、2003年に閉店したとことでした。そうなのか!知らなかったです・・・・

小樽駅はあまり変わっていませんでした。
そして、運河、海方面への雰囲気も前のままかな。今回は天狗山にはいかないし、オルゴール通りにもいかないことに決めていたので、とりあえず運河方面へ歩きます。

11年前(記事はこちら


今回


観光案内所の建物は変わりませんでした。
変わったのは暑いのと、少し寂れたかな?
観光客より人力車の人の方が多いのでは?と思いましたが、この日は金曜日、平日だったからかもしれないです。

観光案内をしていたおじさんが子供を見て、小樽市博物館に汽車を見に行くといいと言うので、
そちらに行ってきました。

P7213889.jpg

そうそう、道の途中で見つけたクレイジースパイスという店でスープカレーを食べました。
小樽ってスープカレーの店少ないんだなあ・・・。
特に観光客向けという雰囲気もなかったし、平日だったこともあり、普通のお客様が多かったように思います。

P7213899.jpg
ようやくついた小樽市総合博物館。
運河をずっと歩いてもいけますが、そこそこ距離があるので、バスかタクシーのほうがいいと思います
そして展示物は大宮にある鉄道博物館なんて目じゃないくらい、本物の車両がゴロゴロ展示されていて、なかなか素晴らしかったです。
トーマスに出てきそうな機関車がひく客車に乗って走ってくれるし、転車台もしっかり見ることができます。
鉄博もいいですが、混んでるし、展示の車両にあまりは入れないので、ご自由にどうぞな感じの小樽博物館は自然体で面白かったです。

P7213973.jpg
(ロシア語も併記されているあたりが北海道なわけです)

実は初めて行ったんですけどここはかなりおすすめです!
もっとみたかったけど、子供が疲れたと言い出したので、小樽からは退散。札幌へ移動します。

P7214021.jpg
ジンギスカンを食べて@札幌ビール園

P7214032.jpg
JRタワーから夜景を望んで一日目は〆

長くなってきたので二日目は追記に書きますね。