ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

Category: 本

 読了 生産性

~マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの~という副題がついたこの本。おすすめされてすぐ買ったのですが、そうですね。私は読みにくかったです。著者は有名なちきりんさんと同一人物ではと噂されている伊賀泰代さん。なるほど、ちきりんさんの本もオススメされて読んだけど、私は苦手だったんですよね・・・(参考記事:マーケット感覚を身につけよう読了記事)基本の考え方はわかるんだけど、では具体的に何をすればいいのか...

 読了 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

先日お会いした宮城なりえさんにおすすめいただいた本。届いたので早速読みました!ます、とても読みやすくて、一気に読めます。一時間くらいです。私自身は引き寄せとか、宇宙とかの話はあまり詳しくないのですが、なんとなくわかるものもあります。なので、全般的に興味深く一気の読みました。書き方がわかりやすく、初心者にもふむふむと思わせるものでした。著者は夢を叶えて衣料品店を立ち上げるものの借金2000万円を抱えるこ...

 読了 まずは、書いてみる

手帳ライフ研究家 藍玉さんの本です。年明けにいただいて読了していたのですが、感想を書いていませんでした。アウトプットは24時間以内って考えているのに遅すぎる~!・・・時がたつとほんと忘れますね。というわけで先日確定申告の列に並びながら再読しました。今度こそ、感想かきます!ふと思いついたアイディア、思い付きレベルのしたいこと、行きたい場所、みたいな小さなものは書いておかなければ泡のように消えていってし...

 読了 「言葉にできる」は武器になる。

年末に読んでいて、最近再読した本。この本は電通のコピーライター梅田さんが言葉の力というものをわかりやすく噛み砕きノウハウについても触れている本です。私は長年ブログを書いていますが、意識的なコピーを書こうと思ったことがあまりなくて、かなり感覚的に書いていることもあり、せっかく書くならばコピー力を磨きたいと思っていたのでこの本を手に取りました。この本を読んでいて印象に残るのは前半。「内なる言葉」という...

 読了 ライフオーガナイズ

10月にライスオーガナイザー2級講座を受講するために読んだ本です。2016年に読んだのですが、読了記事をあげていなかったので、書きます。2016年に引っ越してから家の片付けにますます興味が湧き、整理収納アドバイザーか、ライフオーガナイザーを学んでみたいと思っていた思いを実行しました。ライフオーガナイザーを知ったのは友人に教えてもらったから。オーガナイズという考え方については悪くないよな〜なんかおしゃれ感ある...

 読了 ゼロ

堀江貴文さんの本は以前「99%の会社はいらない」というのを読んでいて(感想はこちら)実はその時はうーん・・・って感じだったのですが、ゼロは素晴らしい!というお声を聞くのでようやく読了しました。うーん・・・そうですね。多分なんですが、感動が薄かったのは、私がホリエモンという人を全然知らないからだと感じました。ホリエモン事件があった当時、興味があまりなくて全然知らなかったので、(ほとんどテレビを見ないし...

 2016年に読んだオススメ本とまとめ

年間100冊の読書を目標にしていて、今年は昨年に比べて落ちてしまいました。最終的に30冊の本を読みました。目標に全然足らなくて。反省。読書は、自分の体験を広げてくれので、もっと積極的に読みたいなって思っています。ためになった、よかったという本を4冊ご紹介します。これらの本は手放すことなく、納戸の片隅に(本棚がないんです)置いておく予定です。非常識な成功法則読了記事はこちらなんだろう非常識と書かれて...

 読了 速攻で仕事をする人の手帳のワザ

ジブン手帳の生みの親 佐久間英彰さんの手帳術です。ウィークリーの書き方は割と似ていて、読んでいて面白い!確かに!と思う本です。紙の手帳がなぜいいか?からはじまり、どんなフォーマットがあるの?どうやって書くの?何を書くの?といったようにわかりやすい解説です。手帳に何を書けばいいかわからない、とか、そもそもどんな手帳を買えばいいの?と思う方に、結構おすすめな本だなーと思いました。速攻で仕事をする人の手...

 読了 非常識な成功法則

なかなか印象に残る本で、今年面白かった本の1つに入ります。(今年面白かった本がなんだったのか、後で自分のためにもまとめます)この本、初出は2002年です。今から14年前。その頃私が何をやっていたかというと大学で鬱々と勉強をしていたころです。最近でこそ、起業ブームだったり自由な働き方を推奨するような機運が高まっているように思いますが、2002年は新卒就職氷河期とかいっちゃってる頃。そんなときに、まず成金になろ...

 読了 鏡の法則

鏡の法則という本を読みました。一言で言うと「いい本」です。実話を元にしたという内容で、とてもいい話なのですが、話になってしまっている分、人によって共感具合が異なると感じました。物語は子供がいじめにあっているという主婦が主人公。コーチからのアドバイスを受けて、父とのわだかまりを解決することで、子供のいじめが解決するという話です。主人公がまわりを許すことで、周りからも許される。現実世界に自分の思いが鏡...