ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

Category: 本

 読了 職業、ブックライター。

先日読んだ〆切仕事術に触発されてもう1冊上坂さんの本を読んでみました。個人的にはこっちの方が面白かったかも?設計図である目次が大切。と本書の中でおっしゃられている通り、読み返した後に目次を見返したら、内容が思い起こされるくらい、目次がしっかりした本です。第1章の「会社員時代の数倍の収入を二〇年キープしている」の章はただ単純にうらやましーなーって思いましたが(笑しかし読んでいくと、そんな楽なことじゃ...

 読了 〆切仕事術

著名なブックライターである上阪徹さんの本。実は初めて読みました。毎月1冊の本を書き上げるというその文章力の秘密に迫ることができればと思って読みました。私なんてブログを書くのも時折ひいひい言いながらなんですもん・・・。感想は、めちゃくちゃ読みやすいー!たぶん40分くらいで読めたと思います。内容はライティングの話もありますが、どちらかというと、時間管理。(そりゃ、タイトルが〆切なんだから、そっか…)割と私...

 読了 2日で人生が変わる「箱」の法則

先日読んだ自分の小さな「箱」から脱出する方法(読了記事はこちら)の続編。この話、多分続編だから面白い。なかなか野心的な作品だと思いました。時系列的にはこちらの本が前で、小さな箱に出てくる会社経営者ルー・ハーバードが箱について学んだ2日間のプログラムの話です。登場人物も多いし、それぞれの背景が複雑で、物語としてもなかなか読ませるところが、自己啓発本にしては野心的だなと感じました。前作は会社や家庭での...

 読了 眠れなくなる宇宙のはなし

先日パッとコンビニで買って読んだ本が読みやすく(感想記事はこちら)、よかったのでシリーズのものを読みました。なるほど、こっちの方が入門編、でも決して浅くなくて、内容は増補改訂版だからでしょうか?かなり最新で、(重力波やブレーン宇宙論の話もある)難しい話です。これを専門知識がないのにわかるように概念を噛み砕き、紹介してくださっている素晴らしい本だと改めて感じました。宇宙物理の本という意味では、大栗先...

 読了 自分の小さな「箱」から脱出する方法

前々から読みたーいって思ってたんですけど、お世話になっている起業家の大東めぐみさんがおすすめしていて、また改めて読むことにしました。実はですね、過去にこの本の評判が良さそうなので、同じシリーズっぽい『日常の小さなイライラから解放される「箱」の法則』という本を読んだんですけど、これが私にとってはイマイチで・・・(ちょっと調べたら、『「箱」の法則』の方は、Arbingerでレッスンを受けた日本人ファシリテータ...

 読了 聞く力の教科書

昔から早口で、、お盆にあった母にも「とにかく早口すぎる」と言われた私。(こういうのビシッと指摘されるのって大人になると余計にありがたいです)早口な割に滑舌も甘く、話す力には自覚症状として難がある私ですが、聞く力もどうかなーって。基本的に人見知りなんですが、特に初対面の人と話す時は、相手によく思われたい、相手と気まずくなりたくないという思いがあって、ちょっと誇張気味に色々と自分のことをペラペラ喋って...

 読了 幼年期の終わり CHILDHOOD'S END

先日読んだ、「ますます眠れなくなる宇宙のはなし」(感想記事はこちら)に出てきたSF小説。タイトルが気になって購入してみました。私自身はSFって多分ほとんど読んだことがなくて、、中高時代に読んだかなというのが「夏への扉」「星を継ぐもの」くらいでしょうか・・・(どっちも多分「超」有名)というかどっちも内容忘れちゃったので久しぶりに読んでみたいなとこの文章を書いていて思います。さて、この「幼年期の終わり」と...

 読了 10年後、後悔しないための自分の道の選び方

最初に書きますが、私にとってはこの本はいまいちでした。なんだろう、非常に読みやすいのですが、ありきたりというか・・・「わかるんだけど、じゃあどうする?」があまり示されていないように思いました。例えばLesson2は「最悪の決断は何も決めないこと」と題し展開されます。(私もその通りだと思います。)数ページ例を挙げたのちに、「できるだけ早く決断することです」と書かれています。もちろんその通りと思いますが、ど...

 読了 ますます眠れなくなる宇宙のはなし

「SETI」という言葉を聞いたことがありますか?私はこの本で初めて知りました。Search for Extra-Terrestrial Intelligence地球外知的生命探査のことだそうです。Wikipedia宇宙のどこかにいる知的生命体が発信していそうな電波をキャッチして解析するパッシブSETIと自分たちから発信するアクティブSETI。そういう活動があることはちらっと聞いたことがあったのですが・・・ちなみに結構有名なアクティブSETIはおそらくボイジャーで...

 読了 新解さんの謎

面白かったんだけど、最後まで読み進めるのが難しかった、というのが率直な感想です。新解さんの謎と紙がみの消息の2本立て。新解さんの謎は読めます。新解さんとは、表紙に絵があるように三省堂の新明解国語辞典のこと。この辞典、解説・語釈に癖があるということは知っていました。この「新解さんの謎」はそれについて色々と考察をしているものです。語釈の癖についてさすがに冒頭の「恋愛」を引用するのは気がひけるのですけど...