ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

Archive: 2016年06月

 月間スケジュールの手動同期

スケジュール管理として、主に月間スケジュールを使っていますが、よくよく考えると3つ使っています。その内訳です。①紙の手帳:自分用。プライベート、仕事など分けずに何でも書きます。マスターです。最近、小さいカバンで出かけるときは、手帳が入らないので月間スケジュールを写真に撮って出かけています。②GoogleカレンダーをiPhone標準カレンダーに連携させたもの:家族との共有用。主に土日祝の予定と、子どものお迎えの話と...

 最近の月間スケジュール

月間スケジュールは、人にも見られてもいいくらいに簡潔なスケジュールを書いています。スマホに移行してもいいのかもしれないけど、仕事で人とスケジュール調整するときはパッと見られるカレンダー型が便利です。実のところ、手動で会社のグループウェアと、夫との共有グーグルカレンダーに入れているのですごく無駄なんですけどね…でもそれぞれ役割が違うので3つ。手放せない感じです。紙の月間スケジュールは、最初はわりとすっ...

 読了 「自分のことば」で人を動かす

会社での会議の発言でもそうだし、このブログに何を書くかなーというのもあるし、この本に書かれている「自分の言葉」とは、自分がよく知っていて「教えてあげたいこと」を語ればいい。と、シンプルなメソッドでした。つまり、正解を話そうとするわけでもなく、全体的なバランスに悩むわけでもなく、教えたいこと、を書けば自分のテンションがあがるし、それが他人の共感を呼ぶということのようです。確かに分かりやすいし、実践で...

 0314 土屋鞄製作所のLファスナー

財布が重くて参っていました。参考:使っている長財布そこで、憧れていたLファスナーの財布を買ってみましたよ。数日使っての感想とともに記録しますね。実は前々からほしいなとは思っていたのですが、ネットでは売り切れ。そんな時、丸の内まで出かけたので店舗に行ったらありました!カラーは定番に黒がないということで、ブラウンを選択。というのも丸ビルの土屋鞄店舗の店員さんが、この色今日出来上がってきたんですよ~と教え...

 読了 1冊の「ふせんノート」で人生ははかどる

出張のお供に、本を読もうとしています。荷物が重くなって敬遠しがちなんですけれど、移動時間が長いときは読書の絶好のチャンスですよね。というわけで、、こちらの本は「いますぐ妻を社長にしなさい」の著者、坂下仁さんの最新刊です。ちなみに私はいますぐ妻を~は読んでいません。キャッチーなタイトルだなあと思っただけでした。じゃあこの本をなぜ買ったのかというと、ノート術みたいなのが好物だからです。感想。手帳の全面...

 プロフィール写真の撮影

丸の内でプロフィール用にと写真撮影をしていただきました。撮影をお願いしたのは、フォトグラファーのNaoさん。(Blogはこちらです)お願いしたきっかけは朝時間.jpのインタビュー。It's me!という撮影サービスを少し前に知り、申し込みたいなと思っていました。タイミングを逃しているところで、その後に、朝時間.jpのインタビューに応えた時に、自分の写真がないことに気づきまして…(仕方なく自撮りしています。記事はこちらで...

 IPA2016春の結果

春の試験、合格しました。なんだろう、多分私はこの試験むいているのかなあと思います。基本的に本を一冊買って独学で勉強しているだけで、事前に論文も通して書くかというと一度すら微妙なライン。とりあえずおかげさまで35歳までにIPA情報処理技術者試験をほぼ総取りするという目標は無事に達成できました。素直に嬉しいです。次の目標設定は何にしようかな~。...

 藍玉スタイルのインタビューに答えました!!

以前から、ブログを拝見していて、いつか私も回答してみたいな~と思っていた、藍玉スタイルの手帳の使い方インタビュー。先日朝時間.jpのイベントで藍玉さんにお会いすることができ、勢いでインタビュー答えたいです!!とお願いして、回答させていただきました。(朝時間.jpのイベント参加時の記事はこちら)藍玉さんの手帳インタビュー、応募者多数で現在は一旦受付中止するほどの人気です。今回、滑り込みで申し込みができてよ...

 読了 コンセプトのつくりかた

仕事でコンセプトをたてよう、という話があり、昨年度1年やって、全然うまくいかなかったという苦い経験があります。おかげでなんだか最近は仕事に愚痴っぽくなってしまったけれど、本当は自分の想像力不足だよな~なんて感じます。とりあえず、形から入っていいかなと思い、この本を読みました。元任天堂の方が著者で、wiiのコンセプトに携わられた方のようです。本の中では具体的にどうやってコンセプトを立てていくのか、ステッ...