ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 Appleのサポートへ電話


昨日のエントリーの続きです。
さて、変なメールが届いたのに気づいたのは夜だったので、
とりあえずWebから、問い合わせてみることに。
Appleから電話をかけてもらう予約もできるようだけど、
面倒なので問い合わせだけいれて後でこちらから電話をかけることにした。
ちなみに、これはあとで全く役に立たなかった。

というか、なぜこの話を書いたのかというと、
Appleのサポートにあまりいい印象を受けなかったからです。

さて、夜勤明けで時間ができたので、記載の番号にかけてみた。
自動応答で、どの製品か選べとかいう。
よくわからないから、iPadにした。
すぐに自動応答から人につながりました。
ここは、ANAなんかとは大違いでいいですね。

最初に名前、電話番号、iPadのシリアルナンバーを聞かれる。
確認できました、担当の○○が精一杯対応させていただきます!
となんとなく丁寧そうな感じです。
電話の向こうに聞こえる他のサポートの人の声も聞こえます。にぎわってるのかな。

何かお困りですかというから、身に覚えのない予約メールと見積書が届きました。
と伝える。
なるほどー、それはご不安でしょう、ご不安なところお問い合わせいただきありがとうございます、
とか言われる。 ところが、iPhoneの見積書だというと、何度か保留したあと、
では、担当におつなぎします、と言い出しました。
そして、新しいお問い合わせ番号をメモするように言われます。

ここまで20分くらい。

ここで新しい担当です。
またも、名前、電話番号を聞かれ、お使いのiPhoneのシリアルナンバーを…といわれるから、
なんだかイライラしてきて、
いや、iPhoneは持ってないんですけどね、かくかくしかじかと伝えました。
なんどか保留したり、お時間ありますか?とか確認してきます。
そのうち、担当部署と確認しますので、このまま20分ほど保留しますのでつなげたままお待ちいただけますか?
とか言い出した。
スピーカーホンなどでお待ちいただければと…って、
普通、電話つなげたまま20分も待たせる??
20分も待てないから切ります。と申し出たところ、
では、次回お問い合わせいただいたときにスムーズに対応できるように、お問い合わせ番号は、、、
と、ここまで3つめのお問い合わせ番号が発行されました。
電話を切る前にこの見積もりでなんかAppleIDに紐づいてるクレカから引き落としたりしないんですよね?
と念のためにきくと、それはないとの返答。
もうなんか面倒になったので、そこまで聞いて切りました。
…なんだろうこの微妙さ。。

長くなってきたのでまた次へ。
次で終わります。







にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ