ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 Share 与えると入ってくる


4/30に参加してきたセミナー「New Yorker に学んだ!
理想の未来をどんどん手にする 5 つのひみつ」のアウトプットをしていきます。

0.参加するまで
1.Share【今回】
2.Mind
3.I.T. Skill
4.Luck
5.Easy
6.最後に

1.Share


シェアって聞くと、正直なところちょっとむずがゆい感じがしていました。
すごくいい情報、人脈を得ました。
あなたはとっさにどう思う?

⇒他の人には教えたくない!
⇒早く他の人にも教えてあげたい

という問いがあったのですが、とっさに思った答えはどちらでもなかったです。
面倒だなとか、特に教えたい人がいないし…とか思ってしまって。
つまり、それって周りの人間関係を閉ざしているのかも、と気付きました。
チャンスを掴む人はチャンスを回す人、
お金・人・情報を上手に循環させていく。

鈴木実歩さんご自身は与える人になる、と決めて意識して実践されてきたとのことで、その与える姿勢はセミナーという限られた場でも充分に感じました。

私は、うっすら気づいていたけど、与える気もないし、与える相手もわからない。
土台ができていない!
意識してやらなくちゃ変わらない、と納得。
いきなり飛躍して変わることは難しくても、とにかく実践します。

(手帳にも書いてみました)
「目上の人だから、与えられるものがない」と思うのは、自分の想像力が欠けているから。
「成功してから恩返し」とか「同じ土俵に立てたら声をかけさせて頂こう」とかではなく、今の自分にも提供できるものが必ずある
そもそも与えたいという気持ちにならないのに、「どうせたいしたものもないし」という気持ちが根底にあると思います。
でもそれは思い込み、想像力が足りない、と教えていただきました。
自分を評価することをしていないから、そもそも与えることを想像もしていないし、相手が誰かわからなくなっていたんですね。
チャンスをつかむためにも、チャンスをまわす…与えることを実践してみたいと思いませんか?







にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ