ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 Mind チャンスを掴めるマインドでいること


例年通り、八ヶ岳に来ています。

4/30に参加してきたセミナー「New Yorker に学んだ!
理想の未来をどんどん手にする 5 つのひみつ」のアウトプットをしていきます。

0.参加するまで
1.Share
2.Mind【今回】
3.I.T. Skill
4.Luck
5.Easy
6.最後に

2.Mind


常にチャンスを掴むというマインドでいること。
目の前にチャンスが来た時だけ反応しようとしても、大きなチャンスを掴むことはできない
少し前に、ある講演で、
「チャンスはどこにでもあり、アクションは自分からしか起こせない」と聞き、ああなるほどと感じていました。
成功されている人は、チャンスを掴むのが本当にうまい(表現が適切でないかもしれませんが)。

えっ、そんなのありなの?と思うようなことをどんどん実行していく。
枠にとらわれないと言ってもいいのかもしれません。
普通に過ごしていたらチャンスに見えないようなものを、しっかりチャンスに変えている、そういう気持ち…マインドの大切さをここでも教えていただきました。

チャンスは、分かりやすいオファーじゃないかもしれない。
チャンスがないかなーと待つのではなく、能動的にチャンスを掴みに行ってこその成功だと。
つまり楽できないんだ、と改めて感じました。
どんなチャンスが欲しい?
どういう人・状態があればチャンスに近づく?

理想を実現するには、現実と理想の間を埋めるものを明確にして、
それを口に出してまわりの人に伝える、
いざチャンスを見つけたらパッと手を挙げる瞬発力をもつ。
伝えることで案外簡単に実現できたりするそうです。

写真は今年のやりたいことリストです。
棚卸ししてみたけど、実は全然ワクワク感がなかったんです。(あまり達成できていないし)
なんだか、リストを埋めることに注力してしまったのかもと反省しています。

理想を考える→理想を実現するための達成すべきことを考える→人に伝える
せっかくのGWなので、もう一度考え直そうと思っています。

もう一つ、鈴木実歩さんがニューヨークで出会った稼ぐデイトレーダーのお話も記録しておきます。

家賃月60万円の高層マンションに住むそのデイトレーダーの勝つ秘密・成功の秘密は、意思決定力。
埋没費用と機会費用についてしっかりと軸を持っていて、感情に流されない。

会社の新卒採用面接官をしていて感じることがあります。
面接に来る方に強みを聞くと、「最後までやり抜く」「粘り強い」「あきらめない」だから「〇〇がうまくいきました」ということをおっしゃる方は結構多い。
サンクコストや機会費用を意識できる柔軟性をアピールしたことは(今のところ)見たことがないです。

とはいえ、世の中は複雑で選んだ道が本当にうまくいくのかはわからないですよね。
諦めないことで成功することもあるし、逆もある。
どちらが成功かはその時点ではわからなくても、せめて、他の選択肢を切り捨て、選択しているんだという自覚はしたいなと思いました。

他の選択肢を考えることで気づかなかった可能性に気づくことができるかもしれません。

鈴木実歩さんのまわりの成功者の特徴を最後に。
「素直、ポジティブ、謙虚、戦略性と行動力のある情熱家」




にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ