ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 JAL植木社長の講演をお聞きしました①


PresidentWOMANという雑誌を時折読んでいます。
矢野香さんの連載が好きでよく読んでいます。
表紙もかっこよくて好きです。

そんなPresidentWOMANですが、昨年の6月から月刊誌となり、一周年記念のイベントがあるということで行ってきました!
紀尾井タワーという、まだグランドオープンしていない施設のカンファレンスルームでした。
(写真を撮り忘れてしまいました)

そこで聞いた基調講演がとても素晴らしく、心動かされたので、メモしますね。

基調講演は、日本航空株式会社の代表取締役社長植木氏からでした。

ちなみに、今更ながらテーマを見たら「女性管理職に期待する3つの翼」って書いてあるけど、3つの翼は講演では言っていなかったかも笑
でも、一瞬でJALファンになる素晴らしいお話でした。

最初に植木社長から
「みなさんメモとるなとは言わないけど、僕の話をよく聞いて目を見てくださいね。今日がどんな講演になるかは、しゃべる僕が決めるのではなくこの場の全員で作るもの。講演はコミュニケーション」

「基調講演なんてタイトルが付いてますけど、みなさんの考えのベースを作るような、大それたものじゃない。
僕がいままでどんな考えでやってきたか、どんな人間なのか、生き方を話すことはできるけど、その考えをみなさんにもやれって言うわけじゃない。
選択は自身でするものです。」

とお話がありました。
京都出身の植木社長の言葉は、京風の柔らかさがありつつ、ゆったりと自信があり、お話がすごく上手い…!と最初からわくわくしました。

(で、、あんまりメモをとらなかったんですけど笑)

まず、印象に残った言葉を2つ。

1.自分の人生を自分で決める

2.責任と覚悟

です。

1.自分の人生は自分で決める

植木社長は、小学校をどこにするかというのから自分で決めてきたと言います。

通学圏内の小学校にするのか、電車を乗り継いで行く私立の小学校にするのか?
お母さまが、まだ幼稚園生の植木社長を連れて行き、乗り物に乗りたい!と思ったので、私立の小学校に決めたとのこと。

えっ、そんな理由?と思うかもしれませんが、もう、この時点で選択肢を親が与えているというのにすごく感銘を受けました。

以降、習い事に関する考え方、高校時代の海外一人旅(なかみも凄すぎです)、航空大学校に入学されるまでの経緯…

はっきりいって普通じゃない、とも感じたけれど、都度都度親が子供に対して最大限の選択肢を与え、それを選ばせるという姿勢は、改めて勉強になりました。

約束は"自分で決めたことは放棄しない"ということだけ。
ものにならないものもあったと笑う植木社長ですが、ものにならなくても本物を知ることができた、とおっしゃっているのが印象的でした。

まさに、自分の人生は自分で決めた、ということなのだと思います。

2.責任と覚悟については、次のエントリに記録します。





にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ