ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 読了 重ねる、暮らし


今年の20冊目。いただいた本です。
家でゆっくりしながら読み、自分の暮らしはどうかな、とふと振り返るきっかけをくれる本です。★3くらいです。

内田彩仍さんの暮らしに関するフォトエッセイです。
写真半分、文章半分といった、見ているだけでも楽しい本でした。
何よりも全編で「丁寧に暮らす」とはこういうことかと教えてくれるような本です。

内田さんのお住まいである60平米の仕切りのない部屋ってどんな感じなんでしょう。
いま、3LDKに住んでいますが、1部屋は開け放しているので実質は2LDK。そのうち1部屋は完全に寝る部屋。
もう一部屋はほとんど使っていない感じなので、寝る場所の確保さえできれば仕切りのない部屋というものにもちょっと憧れます。
無印良品の家とか。

食卓についても写真がきれいです。
私は家事の中で料理を苦手にしています。
そのためこういった暮らしの本によく出てくる食事を作る項目を見ると、自分はできていないなあ。できないなあなんて、思っちゃうんですが、
旦那様と毎日夕食を一緒に食べるという内容はうらやましいと感じました。
旦那様が深夜になるときでも、内田さんは夕食を準備して待っているとのこと!
なかなかできないですよね。

その他、道具のこと、服装のこと、人との関係性といった丁寧な暮らしの整え方のエッセンスがあちこちにちりばめられたほんでした。

一文引用します。


暮らしは、完成を目指すのではなくらきっと手入れをしながら育てていくようなもの。
自分の暮らしに合うものを、時間をかけて選んで大切にする。





にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ