ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 来年の手帳について考える3


2017年の手帳について考えるシリーズ最終回です。

その1
その2

前回の記事で、ジブン手帳Bizにする!って決めちゃったので、何を書くの?
と思われるかもしれませんが、
個人的な決め手について記録しておこうかなーと。

ちまたには手帳術がたくさんありますが、、

手帳ってかなりパーソナルなものだと感じていて、誰かの言っていることがそのまま自分に当てはまりにくい分野のシロモノだなって感じています。

(正解があれば、あんなにも手帳の種類、増えないですよね。)

というわけで、今の個人的なこだわりと決め手を記録しますね!

手帳フォーマットのこだわり


1.バーチカルであること

2014年に始めてバーチカル式を使い切ることができました。
それまでは、マンスリーか、ウィークリーレフトしか使ったことがなかったです。
多分、2013年から(使っていた手帳は見開き一週間ですが、)予定だけでなく、実績を書くようにしたところ、
きちんと、時間割りみたいに書きたいなと思ってバーチカルに挑戦。
結果として自分に合っていたんだと思います。

2015年に日経ビジネスアソシエのモニターをさせていただき、それがきっかけで1度レフト式にしたものの、時間割りを縦書きは書きにくくて、2016年に再度バーチカルに。

→【結論】2017年もバーチカルがいいです。

2.月間スケジュールはブロック式

カレンダーが染み付いていますね。
ガントチャートのものを使ってみたこともありますが、曜日がよくわからなくなってしまって…

→【結論】ブロック式がいいです。

3.土日均等であること

基本的に仕事の稼働は月曜日から金曜日。

とはいえ場合によっては土日も稼働。
そもそも手帳を一冊にしたいので、土日も書きます。

→【結論】土日均等がストレスなし。

4.適度なサイズと方眼用紙であること
B6スリム→ミニ6穴と使ってきて、スケジュール管理だけしている分にはまあ、なんとかなったのですが、実績や日記を書くとなると小さいと思いました。
とはいえ、A5は大きそう…ということでのA5スリムです。でも、サイズにはそこまでのこだわりはないです。
方眼は好きですが、やっぱり必須ではないかも。
→【結論】A5スリムサイズと方眼は必須ではないけど好き。

ジブン手帳Bizの決め手は?


1.リスティとフォーマットが似ている

サイズ感、方眼用紙。
違和感なく移行できそうかなと思いました。

2.バーチカルが24時間

リスティは6:30から22時で、
夜勤がある、寝ている時間も記録したい
となると24時間バーチカルが便利ではないかと想像しています。

3.変えてみたかった

リスティはお気に入りですが、なんとなく違ったことをしたい気分です。
もしかして、これが一番の理由かもしれません。






にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ