ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 読了 風景を見る犬


最近自己啓発的な書籍ばかりをよんでいて、普通の小説が読みたくなって買いました。
著者樋口有介さんの本は初めて読みます。
(とはいえ、最近小説をあまり読んでいないし、昔からファンと言えるような著者もいないのですが。)
読みやすい感じでした。

背表紙も見ずに読みはじめたので、なんの時代?というのが第一印象で、どうやら現代らしいとしばらく読み進めて気付きました。
沖縄の栄町という色街が舞台のお話でした。
読みやすいし、悩ませずに、一気に読めました。
仙台出張の往復新幹線でほぼ読めたので、2時間ちょいでの読了でした。

結末は、えっ、これでいいの??という感じでしたが、
世の中全てがわかったからといってスッキリするわけではなく、
グレーなくらいがちょうどよいのかなとも思いました。
主人公が料理上手でそれがやたらと印象に残りました。

久々のフィクションも面白かったので、またぼちぼち読んでいこうと思います。









にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ