ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 手帳に求める3つのこと


「手帳に何を求めますか?」

年間を通して、このブログは手帳に関する検索ワードでたどり着いてくださる方が多いです。
そしてこの時期はなおさらですね。私自身も来年は違う手帳を試すということもあり、12月から変えようかなってそわそわしています。手帳の商品名での検索が多いので、使い方をみてみたいというニーズがあるのだと思います。

それにしても、私はどうして手帳を使うことにこだわっているのかなって、ちょっと考えてみることにしました。というのも、今年何度か手帳についてインタビューしていただいたのですが、他の方に聞かれて答えているうちに自分の「手帳に何を求めているのか?」に対する考えがまとまっていないことに気づいたのです。

手帳は、スケジュール管理や時間管理の役割が強いです。インタビューでもそのことを中心に書いていただいていることは事実です。月間マンスリーにスケジュールを書き、週間スケジュールに当日のtodoをあてはめていく、そして実績を書いていく。こうすると段取りが良くなって効率が上がる可能性が高いっていうのは事実で、手帳で時間管理っていうのはこういうことなのかなと思っています。

そして+αで私がやっていることは色々ありますが続けて効用があったなあと思うものを書いてみます。

1.やりたいこと・夢を書く


いつかやってみたい壮大な夢からちょっとしたTODO、とにかくやりたいことをどんどん書いています。誰にも見せる必要はないので(みたいといわれればチラ見せすることもありますが)、ざっくばらんに何でも書きます。見直してこれは違うと思ったら躊躇せず消します。50個くらいは書いてみるといいかなって思っています。
いわゆる夢リストですね。書くことで達成するための小さな一歩が思いつくこともあり「何となく、いつか」から「じゃあ今」と進めることができるようになります。それとあまり意識していなかった自分の本音ややりたいことが出てくることがあるので、夢を書くのは本当にいいものです。ちなみに書く場所は手帳でなくてもいいです。私はただ、手帳に書いているだけで、ノートや他のものでも大丈夫です。昔は日記帳に書いていました。とはいえアナログの方が個人的には好きです。書く効能があるんでしょうか。

2.その時思ったこと、感情を書く


良いことも、悪いことも書きます。落ち込んでいたら落ち込んだーって書いてあるし、よかったことがあれば嬉しい!って書いてあります。これも上の内容とちょっと似ていますが、忙しいかったり余裕がなかったりすると、冷静な自分、フラットな自分を保とうとして、感情を忘れてしまうんですよね。とはいえ、行動の動機は感情だったりするので、そして感情は一瞬で違うことに上書きされてしまうので、書き留めます。
後から見ると、正直、何でこんなことで悩んでいたのかというようなことも書いてあったりすると、あ、この気持ちは消化されたんだなって気づいて納得できることも多いです。

3.実績を書く


私の手帳は時間割みたいに書いています。アプリで1分単位で取る人もいると思います。日記でもいいかもしれません。つまり粒度はその人に合わせてですね。これを書くことの効用は、段取り上手になること。予定していたことと実際できたことは往々にして違うもの。その差異をちょっと認識することで、次に予定を立てるときは前回よりも上手く立てることができます。

→私はいつも3つ目をメインで手帳に求めているものとして答えていました。1と2もおすすめなんですよね~!って書いていて気付きました。
実は、手帳である必要もないかもしれません。
私が手帳にこれらを書いている理由はほぼ持ち歩いているし、予定管理もできているから、です。別だしノートでも全然OK。忙しくなると真っ白ですが、それはそれ。「夢(未来)」「感情(現在)」「実績(過去)」の3軸でより良い生活を送れたらいいなと思っています。

目標達成ダイエット4日目
変動-0.5
初日から-1.3
ここまではボーナスステージでした。(誕生日前後の暴飲暴食分が戻ってきたのです)ここからが本番ですねー!





にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ