ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 読了 新解さんの謎


面白かったんだけど、最後まで読み進めるのが難しかった、というのが率直な感想です。

新解さんの謎と紙がみの消息の2本立て。
新解さんの謎は読めます。

新解さんとは、表紙に絵があるように三省堂の新明解国語辞典のこと。

この辞典、解説・語釈に癖があるということは知っていました。
この「新解さんの謎」はそれについて色々と考察をしているものです。

語釈の癖についてさすがに冒頭の「恋愛」を引用するのは気がひけるのですけど、
確かにすごい。一時期ネットで話題になってた気がしたので、
それをもう一度追体験できた気がします。

後半の紙がみの消息は、
紙文化について色々と書いているエッセイのような感じです。

面白いけど、全部読むのは息切れする感じがしました。
でも面白いんですよ。

例えばですけど
でも世の中は本当はうやむやなのだ。宇宙にはうやむやがたくさん、ぎっしり詰まっている
「おみくじのやり直し」

なんてその通りと最近よく思います。

他にも、
最近の電車の切符の変化は著しい。
「裏が黒または茶色の乗車券をお持ちの方は、自動改札をご利用ください……」
というアナウンスとともに、東京の駅の改札口のほとんどが自動化されている
「やんごとなき有価証券」

これは、なんか時代感じました。
私が小学生で中学受験のために塾に通い始めた頃、私鉄だったせいもあるのですが、
まだ人のいる改札があって、切符をハサミでパチンと切ってくれていました。
あのハサミの切り屑を集めたこともあります(マニアックすぎ?)
で、塾に通うので定期券を買ってもらったんですけど、それを駅員さんに見せて改札を通るのが
なんとも言えない優越感があったんだよなーって今思い出しました。

今は切符のほとんどが紙を卒業してSuicaですよね。
Suicaだと定期の時はぴっ、定期外だとピピッというのくらいで、
優越感とかはなくなってしまいましたね。

のらりくらりとしたこの文体が嫌いじゃない、もどかしいけど、という印象を受けました。






にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ