ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 読了 聞く力の教科書


昔から早口で、、お盆にあった母にも「とにかく早口すぎる」と言われた私。
(こういうのビシッと指摘されるのって大人になると余計にありがたいです)

早口な割に滑舌も甘く、話す力には自覚症状として難がある私ですが、聞く力もどうかなーって。

基本的に人見知りなんですが、特に初対面の人と話す時は、
相手によく思われたい、相手と気まずくなりたくないという思いがあって、
ちょっと誇張気味に色々と自分のことをペラペラ喋ってしまうんですよね。
ただ聞くだけでもいいのに、とわかっているのにやめられない。。

「聞くこと」で世界が広がり、人生が豊かになります。



この言葉を胸に刻もうと思った本書。そうだよ、もっと人の話を聞こうよって思い返させてくれました。
この本、先日モーニングをご一緒した、朝美人アンバサダーのtomokoさんにおすすめしていただいたのですよー!
tomokoさんのInstagram

さてさて、では中身で心に残ったところをメモしていきます。
第一章で「嫌われる聞き方」ってのが出てくるんですが、これがまた耳が痛いんです!

特に私に刺さったものは・・・

・話を「最後まで」聞かない
・どんな話でも「自分の話」に持っていってしまう

これです。自覚があるので、直したいと思いつつ、何だかうまくいきません。
この何だかうまくいかないところはどうすればいいのか・・・

とにかく、相手の話を最後まで聞く、
そして、自分のことを喋り過ぎないのが一番だなと思います。

人って潜在的に自分のことを聞いてもらいたい欲求、ありますよね!?
ちょっとしばらく傾聴をテーマに生きてみようと思いました。

第2章は基本テクニック。私の場合はまずここですね。
8つあるテクニックのうち、
相手の話を最後まで聞いて、「褒める、共感する」
まずはこれだけ。

第3章はあいづち。
そうですね、これは何かの機会に誰かとのおしゃべりを録音してみようと思います。
それを聞いてから対策を考えたいと思います。

第4章は態度・しぐさ。
ノンバーバルコミュニケーションってやつですね。
髪の毛いじる癖、あるので気をつけよう。

第5章は質問力。
このあたりで私はまだ第2章レベルなので、、と思ったのですが、
良い質問をされると会話が深まりますよね。
そして、質問力はやはり準備が大切、ちょっと面白かったのは、
「準備はするけど「いま」を優先する」というところ。
質問力についてはコンプレックスがあり、知識がないと質問しちゃいけないように思ってしまうブロックが私にはあります。
もっとフラットに人に聞いていこうー。ライブ感!大切にします。

第6章は困った人対応
第7章は場面・シチュエーション別

になっています。

本当にさらっと読めるけれど「聞く力」というわかりにくいものを言語化してあり、
見直すと、あっこれは大事だな、と思う言葉がまとめてあり、
気になったコツはメモとして持ち歩きたいと思わせてくれる本です。
おすすめ!

とはいえですよ、
表紙と帯に「たった1分で」「えっ?こんなに簡単?」とは書かれていますが、「聞くこと」ってやっぱり実践。
この50のコツを時折見返しながら日々の人間関係の中で実践してこそ、
聞く力が磨かれるんだと思います。

先ほども書きましたが、私の場合は、
相手の話を最後まで聞いて、「褒める、共感する」
これをやっていきます。

ちなみに本書の特別付録として、著名人の聞き方スキルというのがついており、
その中で阿川佐和子さんが登場します。
数年前に阿川佐和子さんの本「聞く力 心をひらく35のヒント」という本も読んだことがあり、
おー偶然?とにかく聞く力って大切なんだなと思わせてくれました。
(ノウハウ本というよりはエッセーでしたので、この本とはだいぶ趣向が異なります)










にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ