ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 幸せが続く12の行動習慣WS参加レポート

IMG_9764.jpg

2015~2016年頃に参加した東京都のウィメンズプラザ主催のWSで知り合った、さちこさんにお誘いいただき、

「幸せが続く12の行動習慣とポジティブ子育て』
美味エイジングビーフと共に


という、、もうタイトル聞いただけで魅力的なワークショップに参加してきました。
(ちなみにウィメンズプラザのWSについては全然ブログ記事書いていませんでした・・・こちらにちょこっとだけ)


WSに参加して一番良かったこと


「ウェルビーイング:幸福」という概念を学べたことです。
言葉は聞いたことがあったけど、どういう意味かわかっていなかったし、それがどう自分に繋がっているのかも知りませんでした。
今回幸運にも機会をいただいて、半日という短い時間でしたがエッセンスを教えていただいたことで、
well-beingを目指したいと思うようになりましたし、
well-beingであるために私ができそうな、具体的な行動がわかりました。

幸せとは?


みなさんは、幸せってなんだと思いますか?

チェックインで参加者それぞれが考える『幸せ』についてシェアしたのですが、私の場合、なんて答えるかちょっと困ったんですよね。

幸せですか?と聞かれたら、
・・・まあ日々はまあまあ幸せです。

どうして幸せと感じているかというと、やりたいことが100%じゃないけどできているし、
仕事も結構楽しいし、
あんまりストレスなく生きてるかなと感じています。

もちろん、痩せてない、とか
部屋が完全に片付いてない、とか
英語勉強したいけど、なかなか身につかない、とか
時間が足りないとか、
どちらかというと、幸せじゃないなと感じる状態もあるんですけど、

概ね、だいたい幸せだなーっていつも思っています。(感謝ですね)
そういう意味では、わざわざ「幸せが続く・・・WS」に参加しなくても良かったのかもしれないのですが、私自身は自分はまあまあ幸せなんだけれど、身近な人との関係性でもっと幸せが感じたいなと思って参加しました。

参加者から一通り「幸せとは」であるとか、「このWSで得たいもの」などがシェアされたのちに、

このワークショップでは、幸せとは
『幸せとは心が健康な状態であること』と定義して進められました。

心が健康じゃないと、幸せって感じられない、本当にその通りですね。

そして、
なるほど、、パラダイムシフト・ティーチングとかってこういうことかと感じました。

ちょっと余談:
パラダイムシフトとは「その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること」とのことですが、
ここでのティーチングはそれほど劇的なことではなくて、ある言葉の定義が何か相手に問いかけて、相手が悩みや、内的対話を引き出し、受け答えしたのちに、スパッと答え(ここでの定義)を伝えることで、気づきと興奮を与える教え方、って前に習いました。

身体的健康


というわけでwell-beingであるとは、肉体的、精神的、社会的に健やかな状態であるということなのですが、
最初に、肉体的=身体的に健康であるためには?という部分について教えていただきます。

ここでは意志の力(ウィルパワー)の話が一番印象に残りました。
ウィルパワーはメンタリストDaiGo「自分を操る超集中力」でも出てきてなるほどなーって思ってたんですけど、確かに、決断とか、頑張ることとか、すごく疲れます。
とはいえ日々は決断することばかりだし決断してる方がかっこいい感じもする。
意志の力を消耗すると当然エネルギーが下がるし、エネルギーが下がるとニコニコできなくなるので、
もうちょっと温存するのを試したいと思いました。

服を固定化するというオバマ大統領の例は有名ですよね!
服の件ではFBのマークザッカーバーグだとかアップルのスティーブ・ジョブズも有名です。

私はものを持たない生活に憧れているんですが、これもある意味「ものを持つ」ということにエネルギーを奪われないということにつながっているのかもしれません。

で、こういったエネルギーの話を聞くと、例えば・・・酵素を取ろうとか、精製されたのはだめ、生のものを食べる、食品添加物は避ける、ってのは聞くんですが、「タンパク質を摂取しよう」というのは結構意外でした。

タンパク質は多くの神経伝達物質の元になっていて、タンパク質が不足すると感情が不安定になることが科学的にわかっているそうです。
ちなみに成人女性体重50kgに必要なタンパク質は50g/day・・・結構多い。

試しに、私の今日の食事のタンパク質は・・・(タンパク質入っていそうなものをメモします)

朝:納豆ご飯 8.5g+3g=11.5g

昼:ベーグル 5g・パルテノ(ヨーグルトです) 10g=15g

間食:カフェラテ 3.5g

夜:ご飯 3g・肉じゃが 8.5g・味噌汁 3g=14.5g

ということで、44.5g うーんギリギリか若干足りない?
食物繊維(30代女性12.5g)とかはもっと達成率が悪いと思うけど、タンパク質もそれなりに意識してとる方が良さそうです。
というかこのWSの話を聞いてから、お昼になんとなくヨーグルト食べてます笑
(パルテノはタンパク質も多いし、おいしいです、おすすめ!)

精神的・社会的健康


体の健康を保ったら、次は心の健康です。

これについては、幸せと関連する要因がなるほどなーと思わせてくれました。
私なんかは「美」とか、「名声」とかが幸せに影響するのかなあと思っていましたが、そうではなく、
結婚や身体的健康、(ある程度の金額まで)富が要素として強く出るそうです。

私は承認欲求が自覚的に強いので、つい他人と比較しやすいものを欲しいと思ってしまうんですが、、、
それだけでは幸せにはなれないんですね。

というのも、人間は太古の辛い環境を経験しているため、苦しい環境にもすぐ順応できるような性質を持っているものの、それが今の物質社会では裏目に出て、
幸せを感じるためもっと良い、高価なものを手に入れ続けなければ満足できなくなるトレッドミル現象と呼ばれる状態が起きているようです。

トレッドミル現象:欲しい物を手に入れて一時的に幸福感が高まったとしても、その幸福感にすぐ慣れてしまい、時間がたつと元の幸福レベルに戻ってしまうこと

だからこそ長く幸せを感じるのは物質的なもの、目に見えるもの、人と比較するものではなく、
他人との相対的な比較とは関係なく、幸せを得られるものにフォーカスした方が、幸せになれるとのことでした。

確かに、人との比較は疲れますね、、ここはもうちょっと学びたいなと思った項目です。

WSで紹介された本、読んでみようと思います。
 

お待ちかね!メキシカンビーフ


好きな食べ物は?と聞かれたらステーキ?焼肉?と思うくらい、私は肉好きです。

ウェルビーイングの身体的健康で出てきたタンパク質摂取と関連して、
今回のWSではメキシカンビーフが贅沢にふるまわれました。

P8205146.jpg
お待ちかねのメキシカンビーフ!!!

P8205135.jpg
500gのリブロース

P8205138.jpg
さちこさんの旦那様が出際よく焼いてくださいました。

P8205136.jpg
ミディアムレアで、お塩だけでとっても柔らかくて美味しい。
全然もたれない美味しさ・・・。

即、私も注文させていただきました。
価格はオープンということですが、はっきりいってお買い得すぎると思います!!
届くのが楽しみです。届いたらレポしますねー!
完全口コミだけで販売しているとのことです。

幸せが続く行動習慣とポジティブペアレンティング


WS後半のタイトルの内容については、
一度本を読んで、そのあとにもう一度書いてみようと思います。(別記事にしますね!)

例えば脳の選択的注意・拡張形成論など、
なんとなくわかることが科学的に紹介されていてすごく良かったです。
子ども(小2)との付き合い方ももっともっと学びたいと思いました。
何しろ、もっと身近な、家族との関係性の中で幸せを見つけたいなーと思っていますので!

余談


講師のりえさん、なんとめちゃくちゃご近所で、子どもが同じ学校の同じクラスということが判明!
世の中ってたまに楽しい偶然があるなーって思いました。
さちこさん、りえさん、ありがとうございました!