ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 読了 眠れなくなる宇宙のはなし



先日パッとコンビニで買って読んだ本が読みやすく(感想記事はこちら)、よかったのでシリーズのものを読みました。

なるほど、こっちの方が入門編、でも決して浅くなくて、内容は増補改訂版だからでしょうか?
かなり最新で、(重力波やブレーン宇宙論の話もある)難しい話です。
これを専門知識がないのにわかるように概念を噛み砕き、紹介してくださっている素晴らしい本だと改めて感じました。

宇宙物理の本という意味では、大栗先生の本もかなり好きですが、この佐藤先生の本は挿絵も可愛いし、この本、何より絵本化されているんですよね。絵本ももちろん読んで見ました。
(さすがに絵本には細かい話は出てこないけど、ダークエネルギーの話などは出てきていてこれもすごいなあと・・・。)

前半の古代から近代の宇宙観については割と長くてうーんっって思ったけれど、知っている哲学者の名前やら有名な物理の話やら出てきて、宇宙の話というより、歴史の話を読んでいるみたいで、これはこれで面白いです。
後半が最近の研究の話。宇宙論って割と近年になって一気に発展してきたんだなと改めて感じました。
だって例えば、宇宙背景放射は1964年に偶然発見、宇宙のインフレーション理論(この本の著者はインフレーション理論の提唱者です)は1981年、その裏付けとなる重力波は2016年。
まだまだ発展途上でどんどんこれからわかることがあるんだなと思いました。
何だろう、大学の時もそう感じだのですが、物理なんて枯れているかと勘違いしていたけれど全然枯れていませんでした。

とにかく間口の広い本といった印象。宇宙や物理に興味がないとか、詳しくないという人にこそオススメの良本です。

追記1:そういえばこの本、眠れなくなる、とある通り寝る前に一章ずつ読むような作りらしいのですが、完全に無視して通勤途中に読めるところまでは章立ては関係なく読みました。面白いですけど、眠れなくなるかはちょっとわからないです。

追記2:挿絵が可愛いです。









にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ