ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 一番苦手な家事は「洗濯物をたたむ」「洗濯物をしまう」



Instagram(最近更新できていないけど)などで何もない感じの部屋を公開していることもあり、
いつも部屋を綺麗にしているように時折勘違いしていただけるのですが、実はそうでもないです。

写真の通り、、こんな感じになっていることも正直あります。

※あまりにもひどい状態でしたので、白黒にさせていただきました。

苦手な洗濯物たたみ・しまい



苦手な家事に洗濯物たたみとしまうこと、があります。
やらないといけない中ではもしかしたら一番苦手な家事かも。

片付けられない頃は、洗濯物をしまうのが今以上にできなくて、全部ソファやら床にばらまかれているような生活をしていたことがあります。断捨離に目覚め(2009年頃)片付けを日常的にするようになって、ようやく洗濯物もたたんだり、クローゼットを綺麗に並べたりするようになったところですが、まだまだ苦手な家事ってあります。

何かの本で読んだり、実感としてあるのが、「きれいな場所に何か一つでもいらないものが置いてあるとそれが他のいらないものを引き寄せてくる」というものがあります。この洗濯物の山、まさにそうなんです。

ソファや床に何もなければ、ものを置きにくいけど、何か置いてあれば置いてしまっていいんだ!と思ってしまうんですよね。
子どもがソファの上の洗濯物のそばにランドセル置いたり、iPad置いたりするのも、何か物があるから。
改善しないといけないなと感じていました。


労力を可視化してみる



たたむのもしまうのに対して、洗濯物を干すのは実は嫌いじゃないです。時間を測ってみると5分くらい。
では、たたむのはどのくらい時間がかかっているのかなと思い、測ってみたところ、今回は4分40秒くらい。
なーんだ、干すのと全然変わらない!
そう思ったら少し気が楽になりました。

長くても10分くらい取り組めばそのあと平穏になるならえいやってやってしまった方がいいですね。

作業量を見える化したせいか、ちょっとやる気になってきました。


外注してみる?



やりたくないものは手放そうってことで、家事代行(私はCaSyを時折使います)に頼んでみることもあります。
家事代行のCasy利用感想記事はこちら
ちなみに、、CaSyを依頼する場合は、洗濯物片付けもそうだけど、もう一個やりたくない水回り掃除をお願いしています。

確かに頼んだらやってくださるので、定期的な家事代行で全部お願いすることも真剣に考えています。

今すぐ踏み切れていないのは、鍵を預けることについて家族の了承を得られていないから。
鍵をあずけられないと、在宅中にお願いしかなく、スケジュールの調整が面倒くさい→だったら自分でやればいいや、のスパイラル。

不在時の家事代行、挑戦してみたいなあと思います。








にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ