ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 朝型にせざるを得ない差し迫った理由があった

image_2017092823074845d.jpg

子供を見ていて思うのが、なんだか素直でいいなーっていうこと。

今度の週末運動会があるんですけど、運動会とか見ていてもいつも思います。
なんだかんだみんな真面目に同じチームの子を応援したりするんですよね。

そういう一生懸命なところを見ると、
なんだかわからない感じでジーンとくるんですが、、

大人って、
というか人間って
年をとってくるとなんでも難しく考え過ぎなのかなと、よく思います。


さて、タイトルの通りですが、育休期間中だった2010年頃から子供と一緒による寝てしまうので、
せめて朝自分の好きなこと(ゲームとか)したいと思い、私、一念発起して早起きするようになりました。

はっきり言って、最初のモチベーションはこれです。

別にヨガしようとか、朝時間を楽しもうとか思ってません。
これまで夜遅くまでだらだら自分の好きなことをやっていたのに、それができなくなってしまったので、朝型にせざるを得なかったんですね。

あと、早朝に授乳で起こされるというのもありました。
そんな感じで不規則に早起きを開始し、仕事に復帰。

仕事に復帰した際にはいわゆる時短を取らなかったこともあって、8時には職場につきたかったので、家を出るのは7時前。ますます朝早く起きる必要が出て来たわけです。

早起きに必要なのは、確かにモチベーションなんですが、モチベーションってやる理由だよなあと自分の経験で思います。「やる気」みたいなわかりにくいものじゃなくて、「やらざるを得ない理由」なんだなって。

そういうわけで、夜早く寝てしまう、朝早く会社に行かなくちゃいけない→朝型に
というどちらかというと副次的な感じで朝型になることに成功しました。

私自身は朝の方が頭がスッキリしていて仕事が進む、とか
朝のゴールデンタイム、みたいなのははっきりは感じられないタイプです。
午後だってノリノリならいいアイディア浮かんでくるし、
早朝だって眠ければぼーっとしています。

朝のいいところはあまり人のことを気を使わず、自分の好きなことができるところ。
結果として朝はお気に入りになったのですがこれは後付けの理由なんだよなあと思います。

そして、朝型になれて来て4時半の目覚ましもいつものことになって来た2014年頃、何か新しいことをしたいなーと、
色々と挑戦し始めます。Day3に続きます。

Day1 「早起きしたい」だけなら早起きの必要はないと思う
Day2 朝型にせざるを得ない差し迫った理由があった(この記事)
Day3 手に入れた朝にすること
Day4 2017年、朝型のモチベーション









にほんブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(物)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ