ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 森本千賀子さん「カリスマワーキングマザーの仕事術!」勉強会に行ってきました

IMG_0916.jpg
FBをみていたら森本千賀子さんを特別講師として迎えた勉強会があるということで、
行きたい!と思って、その時点で前日夜だったのですが、主宰の方にメッセージをして行ってきました。
色々あったけど、私が今後実践しようと思ったのは2つ。

・質問力を身につける
・前のめりにご縁をゲットする

です。
それではレポートしますね。

選ばれる営業マンになる


勉強会の主宰は名方朋世さんというスーパー営業ウーマン。
そして勉強会のタイトルは「選ばれる営業マンになる〜プロフェッショナル営業マンへの道」です。

朋世さん、なんと4年もこのような勉強会をされているとのことで、
私はそれを聞いただけでもなんかもう自分のインプットアウトプット不足にガーーン、ってなりました。

PB257446.jpg

ご経歴や、勉強会の趣旨を話される朋世さん。
考え方・やり方・あり方を学び、「自己成長し続けられる会」にしたいとおっしゃっていました。

本業で成果を出すことにこだわっていると言われていたのも印象的。
確かに、本業にかける時間って長いですからね、
すごく意欲的に、軸を持って仕事に取り組まれている様子が伝わってきてエネルギーをいただきました。
1.知っている
2.理解している
3.やっている
4.上手くできている
5.教えられる

5まで行って思い通りになる。でも勉強会では1〜2止まり。
だから是非、行動してください、と言われているようで、
冒頭の写真のように、私、意気込みだけは十分だったんですよね。
一番前に座ったい、「絶対に質問して、覚えてもらう」って書いてありますね笑

PB257453.jpg
さて、ここから森本千賀子さんが登壇です。
森本さんはこの10月に独立されていますが、それまで25年間、
リクルートでトップの成績を残してきたカリスマワーキングマザー。
2012年にはNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演したり、本を何冊も出されるなど、
本業の傍ら、ライフワーク、プライベートにもコミットするスタイルが素晴らしい・・・
一度お話を聞いてみたいと思っていた方です。

実はですね、今度12月にお会いする機会があり、
その前にも会う機会ができるなんて!!!と思って今回勉強会に参加しました。

本業である転職エージェント
プライベートであるワーキングマザー
ライフワークである社外活動

キーワードは「WILLの実現」と「トキメキ」でしょうか。
全てに全力でやりたいことを諦めない森本さんのお話に、
私もさぼってないで頑張るぞーっていう気持ちが湧いてくるのを感じました。

IMG_7876_Fotor.jpg

この日のスライド、、、100枚以上あったみたいですが、時間の都合上2部まで!
その中でも心に残ったキーワードをメモして行きますね。

キャリア開発も自己責任



今の時代、会社員だから安定というのがないのはみんな薄々気づいていると思います。
以前行った起業家の方のセミナーでも、なんで会社員でいようと思っているの?その方が不安じゃない?
と真顔で聞かれましたもん笑

そういう、会社という組織に対する信頼に関することもあるし、
そもそも、せっかくだから会社と家庭だけじゃなくて何かしたい!という欲求も私はあります。

理想のキャリア(ロールモデル)とは、いくつもの選択肢があること

森本さんが普段接するエグゼクティブの方々は名刺が1枚だけ、ということはないんだそうです。
まさに会社名や肩書ではなく、自分自身をブランディングしていく時代ということですね。
(私も試しに2枚目名刺作ったことあります。今はないですが、こちら

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に


NRI 2015.12.2プレスリリース

10年〜20年後にロボットやAIに取って代わられて多くの仕事がなくなると予想されていますが、
その中でも残っていく仕事は人が介在する必要のある仕事ではと森本さんは言います。
最後は「人」であることが強みになるのであれば、自分の幅を広げておかなければと思いました。

ちなみに、インパクトを与えられる人にいきなりなれるわけではなく、
やっぱり日々の小さな積み重ねが大切とのこと。
人生にはターニングポイントとなる出来事も必ずあるので、
その時腐らずに、しっかり向き合い努力していくことで人として成長できるのですね。

モヤモヤするようなこと、ピンチこそがチャンスっていうのは私も実感があります。
私自身は森本さんのオススメの
出産前の管理職、とかは経験できなかったのですが、
育休明けに同期よりも等級が下がっていることが我慢ならず(変なところ負けず嫌い)
頑張ったことで今の自分があると思っています。
そして、その時後押ししたり、助けてくれた上司には恩義があり、恩返しして行きたいなあ、と感じています。

目標≠ミッション


人はミッションを持つと輝ける、というお話。
例を聞いてなるほどーって思ったのでメモしますね。
サンタを2つのグループに分け、それぞれに以下のようにするように依頼します。
Aチーム「子供達全員にプレゼントを届けてくること」
Bチーム「子供達全員にプレゼントを届け、子供達を笑顔にすること」
大きな違いですよね。
目指すミッション・大義があることで、同じプレゼントを届けるでも
思いが変わってくるのが実感できます。

戦略的に自分の価値を高める


もちろん一生懸命目の前の仕事に努力していくことも大事。
そしてそこにマイノリティ戦略を+するのが良いとのこと。

ブルーオーシャンってやつですね。
3つキーワードを教えていただきました。
1.営業×女性×管理職
2.スペシャリティ×経営マインド
3.非連続キャリア

私の場合は営業ではないしかなり連続キャリアなので、
スペシャリティ×経営マインドが一番近いでしょうか。
経営のことがわからないのが確かにネックになってきたので、
どう勉強するか調べてみたいと思っています。

Never too early, Never too late


何事にも意味がある、だから何を学ぶかを考える。
「いまここ」は自分で選んだ人生
→何か変えたかったら動かなくちゃ!ですね。
そして早すぎるも遅すぎるもない、思い立った日が吉日。うだうだせずに前のめり。

で、質問したんだっけ?



ご、ごめんなさい・・・・・できませんでした。

先日会社の研修で、やっぱり一番前に座っていて、
すごくいい話で、めっちゃためになって、
質疑の時間になったのに、私含めて誰も質問しなくて、
ほんとーにほんとーにあんな気まずい思いするならKYでいいから質問しようって思ったんですね。
(講師の方にはその後メールしましたけど、やっぱライブ感が大事)

なのに、、またもなんかできなかったんです。
あーー質問力低すぎてつらい。

森本さんからのアドバイスは以下の通り。
質問力はトレーニングしかない。「常に質問を考えて、発信する」
これ、超意識して過ごします。

終わった後のご挨拶の時には、人見知りについて質問させていただきました。
私はどうも初対面の人がたくさん集まる場所が苦手で
(パーティーとかで壁際でじっとしているタイプ)
どうしたらいいでしょうかというもの。

これについては答えは簡単で、横にいるのはご縁。
さっさと話しかけちゃえ、というものでした。
そうですよね。

帰りに、森本さんの新刊「のぼりつめる男 課長止まりの男」を購入して読んだのですが、
新幹線ではどこに座る?が驚きのエピソード。

なんと・・・3人並びの真ん中にして、横の人に話しかけるっていうんです。
その境地に達するまで修行が必要ですが、私に必要なのは質問も含めて適度な鈍感力と思い切りですね。

森本さん、朋世さん、エネルギーにあふれる、素晴らしい会をありがとうございました!