ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 はたらくママの時間割セミナーに行って来ました

IMG_9849.jpg
あんしん財団×CHANTOのセミナーに行って来ました。こちらがセミナーの開催案内
講師は私も何度か載せていただいた雑誌「CHANTO」の杉木 智子編集長と、社会保険労務士法人 ワーク・イノベーション代表菊地加奈子さんのセミナーです。
テーマははたらくママの時間割ということで、”時間の有効活用”について。

PB187205.jpg
講師の杉木さんは1000人以上のはたらくママ達を見てきている時間割のエキスパート。
そして社会保険労務士の菊地さんは5人のお子様のママでまさにワーママのエキスパート。
セミナーはワーク込みで13:00~15:00という短い時間ではありましたが、ポイントに絞ってぎゅっとお伝えいただきました。

ワークライフバランスをどう取るか


PB187260.jpg
最初は菊地さんのパート。(美人・・・・)
一度主婦もご経験されている菊地さんですが、旦那様がパワハラにあったことから、
お子様がいながら労務士の資格を取得、以降、労務士として開業される中、仕事と家庭の両立のためにと、なんと保育園まで作ってしまったという本当に素晴らしいバイタリティをお持ちの方です。

朝はなんと3時起き!家事にかける時間は1時間!

これだけ聞くといやいや私にはとても、、とも思いましたが、

とにかく印象に残ったことは、「自分ルールを作らない」というところ。
セミナーの最後にもおっしゃっていましたが、子供に寄り添う心の余裕を持つこと。
子供を待つ余裕が、他の人とのコミュニケーションにも繋がるとおっしゃっていたことが印象に残りました。

私はどちらかというと予定を作って行動したい方です。
特に仕事ではそれを徹底して効率を上げているようなところがあるんですが、
自分の時間割を作ってその通りに動けるのは自分だけなんですよね。

特にもう少し子供が小さかった頃は本当に色々なことが思い通りにならなくて、イライラしていましたが、
それこそ、自分ルールを他人に当てはめようとして勝手にイライラしているだけだよなあって感じました。

とんでもなくお忙しいはずなのに、お子様をとても大事になさっていて、
「結構子供と一緒にいる生活なんですよ」とさらりとおっしゃっていたのが素敵だなと感じました。
私は子供との時間をどう確保してるのかな?というか、平日はないかも!?と考えさせられてしまいました。

ちなみに菊地さんの普段のご自宅の様子だとか、一回も洗濯物を畳んだことがないエピソードだとかも披露してくださり、
時間は有限、「やらないことを決める」ということなんだろうなって思いました。

菊地さんの4つの時間の使い方もご紹介いただきました。

①勉強・情報収集(なんと、菊地さんMBA取得のための大学院に通われているとか・・・
→勉強しないと自分の価値を上げられない、時間単価は上がらない
②自分の価値を生み出す(発信)
→おおお、意外でした。発信ってやっぱりすごいんだ!
③実務
④仕事の整理
→スケジュール管理・業務改善といった細かいところから良くなっていくとのこと。

この中で発信というのが意外でしたが、会社員ではありますが、やっていくべきことなのかな?と改めて。
ブログ更新なども波があるんですが頑張ります。

時間割の作り方


PB187230.jpg
次に杉木編集長のパート。
編集長が持っているCHANTO、ちょっと前のですが私も載せていただいた雑誌!(°▽°)
この号で時間割が特集になっているので、ご紹介がありました。(私は時間割ではなく保活のページに載せてもらっています)
CHANTOってすごく面白い雑誌ですよ。私最近はかなり読んでいます。
ちょっと内容ギッシリで、取材にすごくお時間をかけられているんだろうなーって感じています。

杉木編集長からはCHANTO流My時間割の作り方、ということで、
仕事以外の時間(つまり、出勤前・退社後)の時間の棚卸しのメリット、
そして付箋を使った実際の棚卸しのやり方を教えていただきました。

付箋を使っていつもどんなことをしているかなるべく細かく書き出して髪に貼る。
そうやって見える化したら以下の点で考え直して改善できないか考えてみるそうです。
・やめることを決める
・作業を細分化する
・家族で分担する
・同じ場所ですることを決める
(これはあちこち移動したりすると効率が悪いので、同じ場所でできるものはまとめたりするといいみたいです)

ここからはワークになり、私も自分の時間割を作ってみました。
私の場合・・・


<朝>
4:30~5:00起床、洗濯機を回し、ブラーバをセット。
5:00~SNSブログ更新、掃除
6:00~自分の時間。本、ヨガ、手帳、時折ブログ更新が侵食
7:00~家族を起こす、朝ごはん準備しつつ洗濯物を干す
8:00前に出社(最近は8:40頃始業しています)
<夜>
~19:20学童によって帰宅
19:20~夕食作り、夕食、洗濯物取り込み
20:00~食器片付け、メールとかSNSとか、ほんとは洗濯物たたみたい
20:40頃~シャワーかお風呂、就寝

こうやってみると、夜、全然子供と遊んでませんね。
すごく余裕があると本を読んだりするのですが、正直あまりできていません。

この中でやめることは簡単。
下線を引いたSNSとかメールチェックだよな、と思います。
最近、在宅で仕事のメールがチェックできるようになりました。
普段定時で帰る私は定時後にあったこととか知りたくなって見ちゃってます。
これもやめていいなと思います。

ブログ更新はできるだけ続けたいですが、何を書こうかなと思っている時間も長いので、
通勤時間や昼休みにネタ集めをして一気に書きたいなと思っています。


やっぱり一度書いてみるのっていいですね。時間が足りないのもよくわかります。
そしてですね、2名作った時間割を発表したんですが、なんと、、私も発表させていただきました。
うわー。
いい経験になりましたーありがとうございます!

ちなみに、2004年の時間割。だいぶ変わってる・・・

最後に


IMG_0765.jpg
杉木さん、菊地さんから一言ずついただきました。

杉木さんからは、杉木さんが就職された頃の出版業界に女性が全然いなかったことを教えていただきました
この20~年で確実に良いように変わってきたとのことです。
私も感じます。私はIT系ですので、確かに女性は少ないですが、
確実に女性、増えてるし、前みたいな偏見も減ってきた、、と思いますよ!(女性は結婚・子供産んでやめる、みたいなのです)
また、CHANTOという雑誌についても。
この雑誌、前身はすてきな奥さんという雑誌だったんですが、共働きが増えていく中ではたらくママ向けの雑誌に転身したとのことです。
(私もCHANTOになってから読み始めました)
そして、CHANTOは今のワーママだけでなく、これから働きたいという人の不安にも応えていきたいとおっしゃっていました。
はたらくママがどんなことを考え、悩んでいるか等身大の声が載っていると思います。
気になる方、おすすめです。

菊地さんからは2つのことをお伝えいただきました。
1つ目は「上に立つのが楽です」ということ。
ちょっと頑張ると見える世界が変わるし、人と会うのが楽しくなる。
発言もできて、自分で会社を変えたりできますよとのアドバイス。
わかるーーー!って思います。
私自身育休明けに昇進しています。
仕事が楽しくなったのは立場が変わったからというのもあります。ほんとうにおすすめです。

2つ目は上でも少し触れましたが、「子供と寄り添う心の余裕を持つ」ということ。
ワークの中で「子供の時間が読めない」というお悩みが寄せられたそうです。(わかります!)
でも、他人の時間はコントロールできない、できるのは自分の時間だけ、ということ。
ガチガチに物事を決めると(自分ルールというやつでしょうか)効率は良くなっても、人に対してのゆとりは?ですね。
バランスを取らなくちゃと感じました。

セミナーではめちゃくちゃお久しぶりの方と偶然、2年ぶり再会できて、すごく嬉しかったです。
せっかく時間割で課題を見つけ出したんだから、平日の時間割改善、頑張ります。