ミニマムに暮らす。手帳のこと、シンプルライフについて

memorandum【シンプルに暮らす】

 

 しあわせWS 参加レポ①

PC177955.jpg
先日、ウェルビーイング心理教育アカデミー0期で学ばたりえさんのワークショップに伺ったのですが、
(その時のレポはこちら
再度、この12月にしあわせワークショップにいってきました。

ながーくなってしまったので3分割で書いていこうと思います。

「幸せ」と聞くと、捕らえどころもないし、
また改めて聞かれるとしっくりくる定義がないんですよね。

このWS自己紹介と一緒に「幸せとは?」を聞かれるんです。
「やりたいことをやっているので今は結構幸せ。
人との関係性にはもちろんストレスもあるので、
ストレスなくなることがもっと幸せになるかな」と思っていました。

ワークショップのコンテンツは以下の通り

1.幸せに関する基礎的知識
2.強みを知って生かす方法
3.ウェルビーイングと栄養・睡眠・運動の関係(時間の関係で今回は資料のみ)

です。

前回のWSではメキシカンビーフコラボで1と3がメインだったので、
また印象が異なるワークショップになりました。

このワークショップはウェルビーイング心理教育アカデミーで12時間分の内容をぎゅっと半日に凝縮した内容で、
エッセンスを一気に聞くことができます。
一気に聞くことができる反面、
知識だけ浴びだ感じにもなりやすいので、
私の場合は、今回復習で2回目が聞けて良かったです。

今回はりえさんの同期で、心理学を学ばれているかおりさんも講師として入られた内容になっていました。

今回一番良かったこと


フィードバックをいただいたことかな!と思います。
ワークとして、同じテーブルになった方から強みをフィードバックしてもらう、と言うのがあったんです。
これが意外、だけど嬉しく思ったんですね。
個人的には人に強みをフィードバックするとい行動も幸せかも、って思いました。
私へいただいたフィードバックは以下の通り

・優しそうなママ
・仕事も育児も一生懸命
・皆のために積極的に動いてくれる
・場の雰囲気を和らげてくれる
・積極的
・フットワークが軽い
・よく気がつく
・明るい・爽やか
・話上手、コミュニケーション力
・ハキハキと話していてわかりやすい
・ムードメーカーみたいな感じ

→かなり、自分で思っていない特徴です。
なるほどーーー!って思いました。
雰囲気作りとか、コミュニケーションとか、どっちかと言うと苦手かと思っていたんですね。
できたらちゃんと人と関われる人になりたいなーってずっと思っていて、
最近は昔よりは積極的になれたかな?なんて思っていたので、
嬉しいフィードバックでした。

しあわせとは?



まず、WSの冒頭で、
幸せとは、「心が健全な状態」、
そして、心理学とは「感情と思考と行動を科学的に探求する学問」と定義されます。

ここ最近、なんとなく意識していたのですが、
人間って「感情」と「思考」と「行動」が一致していないとストレスを感じるらしいんですね。
ストレスを感じないように一致させようとどれかが変わってしまうそうです(認知不協和理論)

例えば、タバコは体に悪いもの、とわかっている
でもタバコは吸いたい
→自分は多分ガンにはならないだろうと思い込む(思考を変える)

このようにバランスを取るんですね。
よくよく自分のことを観察しているとこう言うパターンよくあります。

例えば、ミスをして恥ずかしい気持ちになると
→自分のせいじゃないと自分を正当化する気持ちが湧いてくる

これよくあります。仕事とかで。
正当化する、のあたりで箱の法則なんかも思い出しましたが、
一種の自己欺瞞なのかもしれません。

と言うわけで、この3つが関連しているため、このWSでは
幸福感と満足感を増やすために「行動」を変えると言うことを教えてもらいます。
感情や思考もそれに伴って変えていけると言うわけです。

私は別の人に、「思考」を変えること、と習ったことがあります。

捉え方を変えるか行動を変えるか
どこかを変えると何かが変わるんですね。

とにかく、3つの要素のうち「感情」ではなく、「思考」もしくは「行動」を変えると言うのがミソだと思います。
感情って、コントロールできないものだなと実体験として感じているからです。
(以前サポートしたセミナーでも感情と思考の違いについて聞きました。こちら

思考はインストールすればなんとかなりそうだし、
行動はそれほど辛いものでなければやれそうですよね。

とにかく、思考でも行動でも、変えられるものを幸せに寄せた方向に変えていくことで、
幸福感を創造することができる、というのがすごいことだと感じました。

そう、幸せって追求するものじゃなくて、創造するものなんですって!

幸せクイズ


ポジティブ心理学は学問で、統計・学術的な裏付けがあるのですが、
統計、なだけあって100%ではないと言うかおりさんの言葉になるほどーと頷いてしまう幸せクイズ。

幸せに関連する要因はなんだろう、と言うことで、
前回も同じクイズで私は「美しさ」が関連するでしょーと思ったんですけど、
(統計上は)関連がないんだそうなんです。
確かに学歴はそうなんだろうなって納得できるのですが、美しさは欲しいなあ、、、って思う私。
コンプレックスがあるようです。

統計的には、ある程度の富、仕事、パートナー、身体的健康が幸せの要因とのこと。
仕事が入っているのが深いですね。
仕事ってやっぱり大切にするものなんだなって思います。

そして、長く続く幸せを得るためには、
非地位財(他人との相対的比較とは関係なく喜びを得られるもの)と、
人のためになる活動が大切だと教えていただきました。
(人に親切にするのって親切にされた人より7倍も幸福度が高いそうです)

物質的な豊かさはなれちゃうんですね。これは実感があります。
最初はすごーくありがたいと思うのに、あればあっただけOKになっちゃうんですよね。

統計的にも、40~50年前と現在で幸福度は上がっていないそうです。
宝くじは当たっても2週間で幸せ感が消えるそうですし、
新婚の幸せは2年らしいです(・・・笑)

人間の快楽順応性ですね。
とはいえ、短期的な幸せ・快楽が悪いものでもなく、
そう言う意味で、「幸福主義で生きて、スパイスで快楽主義を取り入れる」と言うのが
なるほどね!と思いました。

バランスの大切さとポジティブ感情を高めるために


幸福主義と快楽主義のバランスもそうですが、
ネガティブとポジティブもバランスが大切と教えてもらいました。
1:3くらいが丁度いいらしいですよ。
結構、ネガティブ度合いが高いように思いましたが、
気づくと不安や不満にとらわれているもの。このくらいにするのも難しいのかもしれません。

では、ポジティブ感情や幸せをよりを高めるには?
ってなりますよね。
続きは次のエントリーにします。