memorandum

 

 本 のぼりつめる男 課長どまりの男

IMG_0909.jpg

森本千賀子さんの新刊で、先日の勉強会の帰りに買って読んでしばらく経ってしまったので、、忘れないうちにメモ!

ざっと1時間くらいで読める本です。全て事例集になっていて32の事例が紹介されています。
評価は星3です。
サラリーマンは読んで見て、我が身を振り返ったり、周りの偉い人がどうかを見てみると良いかなと。
そういう楽しみ方が面白い本です。

さすが、ヘッドハンターとして長年転職に携わられ、たくさんの人を見てきた森本さん。
事例に出てくるような「のぼりつめる男」の事例のほとんどは気持ちのいいビジネスマンだなーっていう印象です。

写真にも写っている帯の例でいうと、
アポ取りでは先に候補日を出すのがいいんですね、
これは私も経験があります。
できる限り相手とのキャッチボールを減らす。

「お願いをする」立場だからこそ、相手の「手間」を想像できるか


こんな感じで、すぐに我が身を振り返ることのできそうな事例がたくさん載っています。

でもですね、1個だけまじですかー!!と思ったのはこの事例。

新幹線ではどこに座る?です。

IMG_7983.jpg
新幹線は窓際から3列がABC、通路を挟んで2列DEでEが窓際。

私は一般人なので窓際か、通路ですぐ出られるの場所がいいと思っているので、
予約優先順序はE>C>A≒D>Bなんです。

が、本書では、Bだと言っています。
それどころかAとCに座っている人と仲良くなってしまうとのこと・・・
こ、これは一期一会を大事にされる森本さんご本人のエグゼクティブな行動だと思うんです。

Bかあ・・・
私はまだまだのぼりつめるには道が遠そうです。