memorandum

 

 大東めぐみさんKADOKAWA出版記念セミナー@東京【撮影レポ】

IMG_2314.jpg

3月に2冊目の本「笑顔になるだけで年収1500万円」を上梓された大東めぐみさんの出版記念セミナーに行ってきました!

めぐみさんの2冊目の本はKADOKAWAから出版されていて、セミナー会場は角川本社でした。
とっても天井が高くてお洒落な会場でしたー!
講師のめぐみさんの衣装は印象的な赤。
マインドについて書かれた本にふさわしい衣装ですね!
セミナーいきます!ってめぐみさんにお声がけしたところ、なんと、写真撮影のご依頼をいただきました。
わーい。最近、カメラに本当にハマっているので本当に嬉しかったです。

セミナー内容はこんな感じです↓
◆ Lesson1. 自分の笑顔を引き出す

◆ Lesson2. 家族の笑顔を増やす

◆ Lesson3. お客様の笑顔を増やす

◆ Lesson4. コミュニティの笑顔を増やす

2時間という短い時間の中で、ぎゅっとエッセンスを教えていただきました。
レポートしておきたいと思います。
IMG_2313.jpg

なぜ、女性支援なのか



大東めぐみさんは、女性起業コンサルタントをされていますが、なぜ「女性支援」なのか、データを交えて教えていただきました。

ジェンダーギャップ指数ってご存知でしょうか?(私はウィメンズプラザのイベントで知りました。)
これは各国の社会進出における男女格差を示す指標。で、世界経済フォーラム(WEF)が毎年公表しています。
経済活動や政治への参画度、教育水準、出生率や健康寿命などから算出されるみたいです。
その、ジェンダーギャップ指数、日本はなんと144カ国中114位…
私は普段生活していてありがたいことにそれほど男女差って感じていないんですが、そんなことはないと、この指数は教えてくれます。

日本の場合、教育の場面までは男女差はほとんどないのに、働き始めると格差が現れるのだそうです。
めぐみさんの場合も旦那様の海外転勤に伴い好きだった仕事を辞めることになり、なぜ、女の自分だけが、と思われたとのこと。

確かに、私も独身の頃は子供ができたら今みたいに残業できないだろうし、お荷物社員になるのは嫌だなあ・・・って思っていました。実際、自分に子供ができたら、なんとかなっているように思っていますが、時間制約などもちろん前提となる条件は変わりました。よく言われていることですが特に女性はライフイベントに応じて

さて、そんなめぐみさんが、長く起業支援をしてきて気づいたことが本「笑顔をふやすだけで年収1500万円」には凝縮されているとのこと。

それは、、
「女性が起業するのに、絶対にうまくいくやり方(ノウハウ)を、教えているだけでは、なかなかうまくいかない」ということ。

ノウハウやスキルは種であって、
種を育む土壌を整えないと、いくら素晴らしいやり方でも実らない!ということに気づかれたとのこと。
では土壌って?
それは本人の心のあり方、「マインド」ということです。
確かに、これをやったらいいよ、ってことを聞いてもそれを実行に移せるかは別ですよね。
どうしたらやればいいことをやれるのか、その秘訣は「自分のことを知ること」にあるそうです。

P3250752.jpg

メタ認知のワーク



(今回のセミナーではワークもたくさんあり、同じテーブルの方と話しながら進める形式でした。
香港セミナーぶりにお会いした方もいて本当に楽しいひと時でした〜!)

自分を知るため、にめぐみさんがオススメするのが
《メタ認知のワーク》

最近モヤモヤしたことを書き、どんどんなんで?なんで?と掘り下げていきます。
というのも、感情はシンプルに出てこないんですね。
最初の感情は、自分自身を正当化する複雑な鎧の感情となって出てくることが多いそうです。

例えば・・・
本当はやりたいことを叶えている人に対して、常識を利用した怒りとかに隠されて出てくる。
「あの人は子供がいるのに、遅くまで仕事したり飲みに行ったりしていて子供がかわいそう」のような。

でも、その想いには実は一段二段深く隠されている自分の本当の感情が書かれているかも、と考えて深掘りしていく必要があるとのこと。

深掘りが大事!
モヤモヤを感じたら自分の理想まで見つけなければダメ!
とめぐみさんはいいます。

自分のことをより知る、言語化する。それが「自分の笑顔を引き出す」ことにも繋がるんですね。
自分のことをメタ認知していくと、相手のこともわかるようになるそうです。
相手の真の思いに気づけるようになるんですね。

結局、一時的な表面の感情でやろうとしても、
自分の本当の思いにつながっていないと、行動できないんですよね。私もこれはなんか実感あるなあと思いました。

例えば年始に叶えたいこと100みたいな感じで夢を書いたんですけど、なんか叶えるための行動が取れないんですよ。
なんで叶えたいのか、の部分が深掘りできていないから情熱も乗らないし、次の一歩が取れないんだよなあと反省しました。

(もしかしたら100叶えましたーってブログに書きたいだけなのかもしれないなとか思ったりします)

P3250862-2.jpg

家族のことも、
お客様への商品のコンセプトも、同じようにメタ認知を通じて見つけることができるようになるそうです。

本当は何が困っているのか?を突き詰めることで、
家族にも笑顔が増えるし、
お客様へも素晴らしい商品を提供することができるようになるとのことです。

これからはお金持ちより情熱持ちに価値がある!ともおっしゃっていましたよ。
人と同じことをやっていてもすぐに陳腐化してしまう情報化社会。

では何を売ればいいのか?何を強みにすればいいかというと、自分が何が好きなのかということ。
何が好きかは人によって異なるため、自然とユニークになるんですね。
それを発信したらお金もフォロワーも付いてくるとのこと。

うん・・・発信は私の課題なので情熱・ユニークさを求めて頑張りたいと思います。

IMG_2316.jpg

自分史ワーク



ワークの中で面白かったのが《自分史ワーク》。
実は何度かやったことのあるこのワークですが、大事なのは、
「どんな時に感情が上下したか」「なぜ感情が上下したか」というところから、「自分の行動原理を解明する」ってことですね。
ただ上下しているなーって思うんじゃなくて、なんで感情が動いたのか、もう一歩深掘りする必要があるんだなと思いました。
例えば、私は一度受験に失敗して浪人しているんですけど、その時やっぱり感情的には一度落ちてますね。
では、それはなぜ落ちたのか?
「学力が足りない自分が許せなかったから?」
「みんなに恥ずかしいと思ったから?」
「親に悪いと思ったから?」
・・・同じような出来事でも、人によって答えが異なると思うんですよね。
ここまで深掘りするのが大切なんだなと思いました。

書籍には自分の価値を知るためのワーク、として紹介されていますが、個人的には自分の感情が動く勘所を見極めるのに良いかも!と思いました。
めぐみさんは感情の上下に「人」が関連しているとおしゃっていました。
私は違います。どちらかというと「自分が目立った」、とか「認められたか」とかなんですよね汗

と、とにかくこうやってわかることもあったので、短い時間でできるしおすすめです。

最後にコミュニティの話



現代人はコミュニティに所属したい心理が高まっているそうです。
(昔と違って終身雇用じゃなくなっているのもその一因とのこと)

つまり、コミュニティビジネスはニーズがあるし、特に女性は繋がりたいシェアしたいと思う生き物。
これが好きだという想いが大きくなったらそれを掲げてコミュニティを作ること!是非、コミュニティを持って欲しいと言われました。
私はまだまだこの域にはいけていませんが、少しずつ自分のことを発信していつかそういったところにたどり着けたらと思います。

P3251029.jpg
セミナー終了後、一人一人の挨拶に答えられているめぐみさん。
瞬時にその人にあったアドバイスをしていく姿はさすがたくさんの女性と関わられているからこそだなあと感じました。
メタ認知、私もやっていきたいと思います。

-------
現在、大東めぐみさんは全国出版ツアーということで・・・
東京(終了)、大阪(終了)、名古屋、沖縄、フランス(パリ)、そして最後に東京、と回られています。
沖縄とパリでのセミナーは初!とのことです。
勢力的に活動される大東めぐみさんのセミナーの情報は大東めぐみさんのFBフィードで是非ご覧になってくださいね!